MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 野菜・フルーツ

夏みかん
【なつみかん】

「夏」みかんが出回るのは、なぜ「春」か?

夏みかんの旬は五、六月である。夏といえば普通七、八月だが、どうして夏より早い時期に出回るみかんに「夏みかん」という名前がついているのだろう。普通、みかんの収穫時期は冬から春先だが、本格的な冬になってから収穫するのでは、もし雪が降ったりすれば実が凍ってしまい、だめになってしまう。そこで、一二月下旬から一月頃に収穫をしてしまい、熟して果実の酸っぱさがなくなるのを待ってから出荷する。夏みかんは、ほかのみかんと比べて酸味がとても強い品種のため、普通のみかんのように早くに収穫したのでは酸味が抜けない。そこで、早く収穫するのではなく、熟して甘くなって食べ頃迎える初夏まで待つ。だから夏みかん」と呼ばれるようになったのであるところが、現在では品種の改良が進み、昔のように酸味の強い夏みかんはほとんどない。そのため、早い時期に収穫し、熟成させるようになった。そこで、市場に出回る時期も早くなり、最盛期が夏ではなく、晩春から初夏にかけての五、六月頃になったというわけだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820642

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト