MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2趣味 > 音楽

どんぐりころころ
【どんぐりころころ】

「どんぐりこ」ではなく、「どんぶりこ」

どんぐりころころ どんぶりこお池にはまって さあたいへんどじょうが出てきて こんにちは坊ちゃんいっしょに 遊びましょう♪どんぐりころころ よろこんでしばらくいっしょに 遊んだがやっぱり お山が恋しいと泣いてはどじょうを 困らせた青木存義作詞の「どんぐりころころ」の歌詞である。「どんぐりころころ」の後は「どんぐりこ」と思っている人も多いようだが、正確には「どんぶりこ」である。もともとこの歌には二番までしかないのだが、ちょっと含みのある内容で終わっているため、いろいろなところでその続きがつくられている。まず一つは、朝日新聞の企画。二〇〇二(平成一四)年、荒木とよひさ氏に作詞を依頼したもので、『ザ・童謡ポップス』というCDに入っている。その三番と四番は以下の通りだ。♪どんぐりころころ かあさんが夕やけ小やけの 池の淵泣いてる坊やを 抱っこしてどじょうにお礼を いいました♪どんぐりころころ それから優しいどじょうの 兄さんが恋しくなったら 転がって時々遊びに 行きましたもう一つ、「どんぐりころころの碑」がある宮城県の松島町立第五小学校では、こんな歌が三番として歌われているという。♪どんぐりころころ ないてたらなかよしこりすが とんできておちばにくるんで おんぶしていそいでおやまに つれてった♪誰がつくったのかなどは定かではないのだそうだが、地域で子どもをはじめ多くの人々に親しまれているようだ




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820635

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト