MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2そーだったんだ! > フィクション

ドラえもん
【どらえもん】

ドラえもんの秘密道具は、一九六三個!

いまも昔も日本中の子どもたちに夢や希望を与え続けるドラえもん」。ドラえもんの秘密道具はいくつあるのだろうそんな疑問に答えるべく、真剣に数えた人がいる。富山大学教育学部の横山泰行教授だ。横山教授は知る人ぞ知る「ドラえもん」収集家。高岡市出身の原作者、藤子・F・不二雄(本名・藤本弘)さんが描いた漫画作品一三四四話をすべて収集し、秘密道具を数えたところ、一九六三個だったという。しかし、一九六九(昭和四四)年一二月発売の雑誌「小学四年生」で「ドラえもん」の連載を開始した小学館が、近年刊行した『最新版ドラえもん秘密道具大辞典』によると、その数は一三〇二個となっている。なぜ数が違うのかというと、それは定義の仕方が違うからで、横山教授の場合は、「秘密道具は現代技術で実現不可能アイテム」と定義し、ドラえもんが未来の世界から借りた道具も含めて収集したのである。最初に使われた道具は、もちろんドラえもんがのび太くんの家にやってくるときの「タイムマシン」。ドラえもん作品の定番道具「どこでもドア」や「タケコプター」のように繰り返し使われるものは約一割で、そのほかの九割は一度限りのものであるらしい。二〇〇五(平成一七)年、高岡駅前の「ウイングウイング高岡」のなかにある高岡市中央図書館では、横山教授らが寄贈したドラえもん単行本六七一冊が閲覧できるようになった。初版本のコピーなど貴重な資料も閲覧できるようになっているので、興味のある方は、出かけてみてはどうだろう




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820623

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト