MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2 >

土左衛門
【どざえもん】

水死体の別名になった理由とは?

水死体のことを「土左衛門」というが、これは誰だろうか。実は、本名や生年など詳しいことはわかっていないが、江戸時代に実在した成瀬川土左衛門という力士の四股名なのである。仙台藩出身の幕内力士で、色白で青白さが目立ち、体型もぶよぶよした水ぶくれのような感じだったことから、いつの間にか、水死体のようだという評判が立った。そこから逆に、水死体を土左衛門というようになったのが語源だという。江戸時代には、現在と違って水難事故の犠牲者が多く、川を流れてくる土左衛門の姿を、普通の人々が見る機会も多かったようだ。山東京伝の『近世奇跡考』という著作のなかにも「水死して渾身ふくれふとりたるを、土左衛門の如しと戯れしが、ついに方言となりしと云。八百屋お七の狂言に、土左衛門伝吉と云あるも、成瀬川が名をかり用たるものとぞ」などの記載があり、水死体が土左衛門といわれるようになったいきさつと、狂言にも使われるほどこの言葉が浸透していることが記されている(『大相撲奇才人物烈伝』小池謙一、東京堂出版による)。また、川柳でも、「船遊び 土左衛門が来て しんとする」などと、水死体を見ることが珍しくなかったことをうかがわせる句がある。この土左衛門という言葉、俗語のまま終わったのではなく、現在はきちんと広辞苑に載っている。世の中の力士で広辞苑にまで名前が載っているのは名誉なことだとは思うが、詳しい経歴や戦歴は不明で、しかも相撲にはまったく関係のない「水死体」という意味の言葉になった本人は、さてどんな気持ちであろうか。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820615

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト