MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > モノ

時計
【とけい】

「クオーツ時計」の「クオーツ」って何?

「クオーツ時計」は、ゼンマイ式時計とどこが違うのだろうか。クオーツ時計の「クオーツ」とは、「水晶」のことである。水晶は、外力が加わると電圧が発生し、電圧を加えると外形がゆがむ性質を持っている。これを圧電現象といい、この性質を持っている物質を圧電体という。つまり水晶は圧電体であり、交流電圧をかけると一定の周期で規則正しく振動する。これを応用し、水晶を小さな音叉のように加工した水晶振動子をモーター駆動の時計装置に組み込んだのが、一九二七年に開発されたクオーツ時計なのである。水晶振動子の振動周波数は二の一五乗=三万二七六八ヘルツ。つまり、三万二七六八回振動すると一秒ということになる。クオーツ時計は、この信号を内蔵モータに送って秒針を動かしているのだ。デジタル表示のクオーツ時計の場合も、なかでやっていることはまったく同じで、このアナログ信号を電気信号に変えて、液晶画面で表示をしている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820614

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト