MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2地理 > 場所

地球岬
【ちきゅうみさき】

「地球」とは全然関係がなかった!

北海道室むろ蘭らん市にある「地球岬」は、高さ一〇〇メートル前後の太平洋見下ろす断崖絶壁が約一三キロも続く。対岸の渡島半島の駒ケ岳や恵山岬を望み、さらに遠く、下北半島をも見ることができる。一九八六(昭和六一)年一二月には展望台が設置され、北海道代表的景勝地としての地位を確立した。朝日新聞社主催の「北海道の自然一〇〇選」に選ばれたばかりか、人気投票では堂々の第一位となったほどだ。また、渡り鳥ルート上でもあり、アマツバメ、ハクセキレイなどの渡り鳥や、ウミウ、オオセグロカモメ、そしてそれらの上に君臨するハヤブサなど、地球岬では様々な鳥たちの生態を見ることができる。さらに、夏の海ではイルカの群れを見ることもできるようだ。このように壮大な自然を間近に眺められ、鳥やイルカなどの動物の生態までも見られるとあって、「地球岬」といったスケール大きな名で呼ばれているのも納得であるところが、「地球岬」という名の由来は、景観の雄大さからきているわけではないのだ。「地球岬」の「チキュウ」の語源は、アイヌ語で断崖をあらわす「チケプ」で、それが「チケウエ」「チキウ」となまったものなのだ。それに地球という漢字を当てはめたものだから、今では「チキュウ」岬となってしまったもっとも、国土地理院が発行している地形図ではチキウ岬(地球岬)と表記されており、アイヌ語からきた地名であることが想像できる。北海道の地名には、このようにアイヌ語の音を漢字で表記した地名が多い。しかも、漢字本来の意味ではなく、音訓を取り出して置き換えているうえ、無理矢理当てはめた例も多いものだから、本来のアイヌ語の意味は失われ、漢字を読むのも難しいという地名がたくさん生まれしまった。「地球岬」に立ってはるかな水平線を眺めながら、アイヌの地名や文化に思いを走らせるのも、景観に負けない壮大なものではなかろうか。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820543

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  冷奴  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト