MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2ヒトの不思議 > 人物

滝廉太郎
【たきれんたろう】

楽譜に落書きもする、子ども心を忘れない天才作曲家

明治時代の作曲家滝廉太郎は、組歌「四季」、中学唱歌「荒城の月」「箱根八里」、幼稚園唱歌「お正月」「鳩ぽっぽ」など、今日でも親しまれている多くの曲をつくった。西洋音楽のスタイルで楽曲を創作した最初の日本人作曲家でもある。彼は幼い頃から音楽好きで、すでに高等小学校時代には、歌を一度聴いただけで、ハーモニカオルガンバイオリンなどで演奏できたという。一八九八(明治三一)年、東京音楽学校(現・東京芸術大学)を卒業。一九〇一(明治三四)年にドイツに留学したが、肺結核で翌年帰国。さらにその翌年、二四歳の誕生日を迎える前に才能を惜しまれながら死去した。ドイツ留学中の滝は、ライプチヒの音楽学校に入学し、毎日学校に通ってピアノや作曲を学ぶ学生だったが、必ずしも授業を熱心に受けていたというわけではないようだ。彼のピアノ曲「メヌエット」の自筆楽譜の最後のページには、「明治三十四年十月二日午後四時より五時までのハルモニーの授業時間においてHerr Porf.Dr.S.Jadassohn氏が左の譜を或説の為に記さる」という一文とともに、楽譜の一部が書かれているのだが、そこには汽車の絵も描かれているのである。彼は、ドイツ人の学生が音楽理論に弱く、音符をうまく書けないことに驚き、友人への手紙にそう書いたりしているというから、授業にも退屈していたのだろう滝廉太郎は、天才作曲家とはいっても、真面目一方ではなく、現代の普通の学生たちにも通じるようなユーモラスな一面を持っていたのである。ちなみに、ユーモラスといえば、彼はたいへんなお汁しる粉こ好きだったといわれる。中学唱歌の募集に応募して三曲とも採用されたとき、賞金で友人たちにお汁粉をごちそうしたという話も残されている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820522

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト