MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > コトバ

醍醐味
【だいごみ】

醍醐味とは、仏教用語で「最高の乳」の味

醍醐味」という言葉は、「ものごとの本当のおもしろさ、神髄を知る」という意味で使われているが、本来はいったいどんな味なのだろうか。実は、「醍醐味」は仏教用語で、サンスクリット語「sarpir-manda(サルピル・マンダ)」の漢訳である。意味は、「最上級の味を持つ乳製品である。仏教では、乳を精製して最高の乳をつくる過程の五段階を「五味」という。第一段階が「乳味」、第二段階が「酪味」、第三段階が「生蘇味」、第四段階が「熟蘇味」、そして第五段階が「醍醐味」なのである。「醍醐味」は濃厚な甘味のおいしさで、諸病を取り除き人の心を安楽にする薬としても用いられた。この「醍醐」は、インドから中国に伝わり、日本へは朝鮮半島からの渡来人が七世紀中頃に伝えたという。また、醍醐は最高の味であることから、仏陀の最上の教法にたとえられている。天台教学では、釈迦が法を説いた時期を「五時」という。「華厳時」「阿含時」「方等時」「般若時」「法華涅槃時」であるが、その第五段階にある法華涅槃時を最上の仏法として醍醐味」と呼んでいる。これらのことが転じて、醍醐味は本当のおもしろさや神髄を知るといった意味になった。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820511

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト