MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > モノ

星条旗
【せいじょうき】

米英戦争に勝って生まれた国歌「星条旗」は、イギリス人による作曲

クリント・イーストウッド監督の映画『父親たちの星条旗』にも描かれたように、星条旗はアメリカのアイデンティティであり、心のよりどころにもなっている。しかもそれを裏付けるかのようにアメリカ国歌のタイトルも「星条旗」であり、その詞ができたエピソードも、その名をつけるにふさわしいものであった。一八一二年にはじまった米英戦争のさなか、詩人であり弁護士でもあったフランシス・スコット・キーは、捕虜として捕らえられた友人の釈放を交渉するために、イギリスの戦艦に赴いた。イギリスの司令官はキーの説得に応じて友人ともども釈放することを認めたが、イギリス艦隊がマクヘンリー砦を攻撃する間、機密保持のためと称して彼は戦艦内に拘束されてしまう。ところが激しい夜間砲撃の後、キーらが戦艦から外を見てみると、そこには星条旗が高々と翻っていたという。この光景に衝撃を覚えたキーは、「マクヘンリー砦の防衛」という合衆国の勝利を祝う詩を書き上げたのである。この詩は当時人気があった「天国のアナクレオンへ」という曲のメロディにのせて歌われるようになり、後年、楽譜が発売されるときに「星条旗」という名前に改題されている。その後、国民的流行歌となった「星条旗」は、軍隊の国旗掲揚式の際やスポーツイベントなどでたびたび歌われるようになった。そのためアメリカ人にとってはますますなじみ深いものになり、一九三一年、第三一代大統領フーヴァーのときに国歌に制定された。ちなみに「天国のアナクレオンへ」を作曲したのは、イギリスアマチュア作曲家であったという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820478

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト