MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2社会 > 企業

正露丸
【せいろがん】

ラッパのマークの「正露丸」は、もともとは「征露丸」と書く

お腹を下したときの薬として広く知らしている「正露丸」。その誕生は日露戦争に由来する。当時の兵士たちの衛生環境はきわめて悪かった。そのうえ、慣れない敵地では、水や食べ物が体に合わず、下痢りをするものが続出した。どんなに勇ましい兵士でも、下痢をしていたのでは十分に戦うことができない。そこで、下痢止めの薬の早期開発が課題となった。帝国陸軍軍医学校教官の戸塚機知軍医は、一九〇三(明治三六)年に、クレオソート(日局クレオソート)が、チフス菌を抑制する効果があることを発見した。クレオソートは、歯科での鎮痛鎮静や消毒剤として、今日ではよく使われており、クレオソートチフス菌に対する効果については異説もあるが、当時はこの効果が絶大だと信じられていた。実際、出征した兵士たちに服用させると、あっという間に症状が改善したという。現在でも愛用者が多いのだが、とにかく当時の兵士たちにとっては、悩める下痢から解放してくれる魔法の薬だったようである。当時の陸軍における正式名称は「クレオソート丸」だが、その効果と日露戦争中というご時世が重なり、巷では「征露丸」と呼ばれて、もてはやされた。この薬があれば、兵士のお腹の調子もよく、「ロシア(露)」を「征服」できるだろうとの思いからである。時代変わって四〇年後、第二次世界大戦が終結し、日本は連合軍の占領下にあったが、連合軍の一つであるロシアに対しても、また平和を誓う意味からも、たけだけしい「征」の文字はイメージがよくないということで、「正露丸」に改められた。ちなみに、おなじみのラッパマークは、陸軍の兵士の進軍ラッパからきている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820480

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト