MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2そーだったんだ! > フィクション

シンデレラ
【しんでれら】

数百種類もある、いじめられっ娘の成功物語

女の子なら誰でも一度は憧れるシンデレラどんなにつらいことがあっても、最後は王子様が迎えにきて、幸せな結婚をすることができるという「妄想」を持っている大人の女性も少なくないだろう。しかし、驚くべきことに、本来のシンデレラ物語は、かぼちゃの馬車も、代名詞であるガラスの靴すら存在しないという。より原話に近いといわれているグリム童話には、「シンデレラ」さえ登場せず、名前は「灰かぶりである。もともとシンデレラの物語は民間伝承で、現在おもに語り継がれているものは、フランスのシャルル・ペローによる創作である。彼は昔話を集めて再話していたのだが、このシンデレラの物語もそのなかの一つで、かぼちゃの馬車もガラスの靴も彼が考え出したものなのだ。ペローのシンデレラとグリムの灰かぶりでは、その内容は大きく違っている。たとえば、王子様が持ってきたガラスの靴を履くシーンで、シンデレラのほうは、むりやり足を押し込んでいたがサイズが合わず、あっさり玉の輿をあきらめている姉たちが描かれている。しかし「灰かぶり姫のものがたり」(大久保ゆう訳)によると、灰かぶりでは、王子様のお妃にするために母親は姉たちに、「いいかい、靴がきつかったら、このナイフで足を少し切り落としおしまい」といい、姉たちは母親のいいつけ通り、靴からはみ出たかかとを切り落とそうとする。そして、かかとの骨に何度もナイフがつかえてしまうため、彼女たちは左右すべての指を切り取ったという設定になっている。また、シンデレラでは、最後に謝罪する姉たちを快く許し、身分の高い貴族と結婚させてあげているが、灰かぶりでは、姉たちがハトに目を突き出され、両目を失ってしまうという結末になっている。グリムの灰かぶりのほうがより原話に近いといわれているが、果たして原話はどんなものなのだろう。数百種類もあるといわれる物語だけに、それにたどり着くのは困難だろう




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820451

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト