MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 健康

食間
【しょっかん】

薬の注意書きにある「食間」とは、いつのことか?

薬には必ずいつ服用するかが明記されている。「食前」、「食後」、「食間」などの指定である。「食前」とは、食事の三〇分から一時間前をさす。いわゆる空腹状態のときに飲むということである。胃のなかが空っぽだから薬の吸収がよく、漢方薬や食事による症状、たとえば吐き気や下痢などを抑える薬の場合に適用される。一方、「食後」とは、食事後三〇分以内のことで、これは胃に食べ物が入っている状態なので、薬を飲んでも胃壁を荒らすことがない。解熱剤や鎮痛剤、または効果を持続させたい薬の場合などに適用される。最後に「食間」だが、字だけ読むと、「食事の間」、つまり食べているときに飲むと思っている人も多いだろう。しかし、これは「食事と食事の間」のことである。実際には、だいたい食後二時間を経過した頃をさす。食事から二時間も経てば、胃のなかの食べ物は消化される。そのため、空腹時で胃のなかが空っぽの状態に飲むということである。というと、食前とどう違うのかということになるが、食前の場合は、確かに胃のなかは空っぽだが、服用してから少しすると食べ物が胃のなかに入ってきて消化活動が開始される。一方、食間の場合は、胃のなかが空っぽな状態が、食前に比べるとより長く続くという違いがある。だから、即効性を求める薬や、分泌されすぎた胃酸を中和する目的の制酸剤などに適用される。また、このため、食間と指示された薬を服用した場合、服用後すぐに食べ物をとらないことが大事だ。食べ物と一緒に飲むと吸収されにくくなる薬もあるからだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820431

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト