MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生物の不思議 > 魚類

シラス
【しらす】

シラスは、大きくなったら何になる?

シラスは漢字で「白子」と書くが、シラスという種類の魚がいるわけではない。実は、ウルメイワシカタクチイワシマイワシシラウオ、イカナゴ、ウナギ、アユ、エソなどの稚魚や、体が無色透明な小魚を総称した呼び名シラスというのである。白子と書くのは、湯通しすると白くなるからである。日本近海や沿岸の海面を泳ぎ回っているシラスは、目の細かい楕円形をした網を船で曵き一網打尽にするが、獲ったシラスをさっと湯通しして乾かしたものが「シラス干し」である。通常、シラス干しの名前で売られているものは、カタクチイワシの稚魚が最も多い。なかには、アユや蒲鉾の原料として知られているエソの稚魚が使われている場合もあるが、これらはカタクチイワシの稚魚とほとんど見分けがつかないという。さて、「シラス干し」と紛らわしいものに、「チリメンジャコ」があるが、これらはどう違うのだろう。答えは、ほぼ同じ意味というのが正しい。チリメンジャコの「ジャコ」という名前は「雑魚」からきているが、この雑魚とは様々な種類の小魚という意味で、実際にはシラス、とくにカタクチイワシの稚魚が多い。その小魚を煮て天日で干したところ、織物の縮緬に似ていることからチリメンジャコと名づけられたが、原料と製法からすればシラス干しと同じである。関東ではシラス干しと呼び、それは半乾きの状態であり、関西ではチリメンジャコと呼び、よく乾かした状態のものをさすともいわれるが、現在ではその区別はほとんどない。ちなみに、もう一つ紛らわしいものに「タタミイワシ」があるが、これもカタクチイワシの稚魚を竹の簀(すのこ)などで海の苔りのように漉き上げ、天日で干して薄い板状にしたものである。畳たたみの目のように見えることからタタミイワシの名がついたが、これをあぶると酒好きにはたまらない肴となる。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820432

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト