MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2 >

植物
【しょくぶつ】

精子をつくる高等植物もある

そもそも精子とは、自分の力で動いて卵細胞まで行って受精をおこなう雄性の細胞のことである。この精子は、普通は動物の繁殖にしか使われない用語と思いがちだが、なんと植物の世界にも当たり前のように存在している。植物の世界では、普通、いわゆる高等植物である種子植物は精子をつくらない。種子植物は運動能力がない精細胞が花粉の中にあって、長い花粉管が伸びて卵細胞に送り届けられるのだ。一方で、コケ植物、シダ植物などのいわゆる下等植物は精子をつくって繁殖するのが通例である。コケ植物は、水中に生活する藻類と陸上生活の高等植物との中間に位置する「植物の中の両生類」といわれる種類である。この種は自らの体の上に造卵器と造精器をつくり、雨などによって精子が泳ぎ出し受精がおこなわれる。シダ植物も同様で、その精子を拡大して見てみると、一つの精子から無数のヒゲのような鞭毛が伸びていて、とても植物とは思えぬ形をしているものがある。ところが、一八九六年、平瀬作五郎というという人物がイチョウで、池野成一郎という人物がソテツで、それぞれ精子を発見した。この二つはいわゆる高等植物(種子植物のうちの裸子植物)だったため、植物界では非常に大きなニュースとなった。なお、平瀬作五郎が精子を発見したイチョウの木は、いまでも東京の小石川植物園記念碑とともに保存されている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820429

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト