MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2社会 > 企業

シャープ
【しゃーぷ】

いまは「液晶のシャープ」、はじまりは「シャープペンシルのシャープ」

ユニークなCMでおなじみのシャープ。昨今は液晶技術の高さが有名だが、会社名の由来は文房具にある。実は「シャープペンシル」こそ、シャープ初のヒット商品で、そこから会社名も「シャープ」となったのである。現在のシャープペンシル生みの親は、シャープの創設者である早川徳次氏。早川氏は、もともとは腕のいい金属細工職人だった。その早川氏が目をつけたのが、明治時代に輸入されたアメリカ製の繰り出し鉛筆。鉛筆の芯が次々に出てくる、ほぼシャープペンシルと同じ構造だったが、セルロイド製の簡易なつくりで、すぐに壊れるし、芯も太くて不恰好で、とても実用できるものではなかった。しかし早川氏は、これは絶対に実用化できると確信し、自慢の金属加工技術を生かして、内部に真鍮の部品を使った壊れにくいシャープペンシル(特許名は「早川式繰出鉛筆」)を生み出した。そして一九一五(大正四)年、早川氏の腕により見事に生まれ変わったシャープペンシル(当初は「プロペリングペンシル」、後に「エバー・レディ・シャープ・ペンシル」と改名)が発売されたが、当初は、まったく売れなかった。金属製の文房具冷たい感じがすると日本人の感性に受け入れられなかったのだ。しかし、このシャープペンシルの素晴らしさに横浜の貿易会社が目をつけ、欧米で販売したところ、瞬く間ヒット商品となった。そして、そこから話題を呼び、日本にも広まった。その後、シャープペンの芯をもっと細くする改良が加えられ、さらにスマートになったシャープペンシルが売り出され、大ヒット商品となっていった。ところが、一九二三(大正一二)年の関東大震災により、工場が焼失し、早川氏の家族も犠牲となった。そのため早川氏は特許を売り、東京での再興をあきらめ、心機一転、大阪へ移住し、シャープの前身である早川金属工業研究所を創設した。これが、シャープの本拠地が大阪になった所以である。ちなみに、英語で「シャープペンシル」といっても通じないのは当然である。英語では「メカニカルペンシルである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820393

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  冷奴  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト