MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2趣味 > 書籍

国会図書館
【こっかいとしょかん】

成人向け雑誌から違法になった本まで、すべての出版物があるはずの図書館

あの、お堅いイメージ国会図書館は、成人向けの雑誌まで蔵書している。国立国会図書館法という法律があり、国内の出版物は、すべて国会図書館に納本しなければならず、違反をすると過料を取られる規則になっているからである国会図書館は、一九四八(昭和二三)年、「議員の調査研究に資するため、別に定める法律により、国会に国立国会図書館を置く」という国会法第一三〇条により設立された日本で唯一の国立の図書館である。国立国会図書館法には、「真理がわれらを自由にするという確信に立って、憲法の誓約する日本の民主化と世界平和とに寄与することを使命として、ここに設立される」という高い理念も掲げており、自費出版でも、裁判などで出版差し止めになったような出版物でも、図書館資料として収集している。しかし、裁判で違法になった出版物は原則としては閲覧ができない。また、実際には、出版元が納本しないからと過料を科せられることはほとんどなく、納本をしていない出版元の本は蔵書に入っていないという。したがって、成人向け雑誌を目的に行っても、すべてが収められているわけではない。また、国会図書館は一八歳以上しか入館できない規則になっている。ちなみに図書館運営のために財政面でもかかる費用は相当なものだ。二〇〇六(平成一八)年度は、図書館資料購入費が九億六九〇〇万円、納入出版物代償金が三億九〇〇〇万円、科学技術関係資料費一〇億一三〇〇万円、立法資料購入費六一〇〇万円と、資料の購入費だけで合計二四億三三〇〇万円である。これに管理維持費や人件費などがあり、国立国会図書館の年間の予算総額は約二一二億六二〇〇万円という。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820317

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト