MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > おしゃれ

ココ・シャネル
【ここしゃねる】

自他ともに認めるファザコン!?大デザイナーの奔放な人生

一九〇〇年代初頭のヨーロッパでは、女性のファッション実用的とは程遠いものだった。女性の体は、鯨の髭や鉄鋼でできているコルセットできつく締め付けられていたのだからそんな女性たちをコルセットから解放したのがココ・シャネルだ。第一次世界大戦の物資不足のなか、ジャージ素材を洋服に取り入れ、その後もツイードスーツ、女性のためのパンタロンなどを次々に発表し、斬新な発想でパリで最も人気のあるオートクチュールとなった。オート・クチュールとして初めて香水を発売したのも彼女であり、アクセサリーハンドバッグなども発売した。ファッション産業のあり方を大きく変化させ、二〇世紀の最も偉大なファッション革命家としても讃えられている。彼女は一二歳のときに母親を亡くしている。父親は行商人で、生活も自分が食べていくだけで精一杯だった。とても六人もの子どもを育てることはできず、彼女ら三人の姉妹は孤児院に預けられて育った。結果として父親に捨てられた形なのだが、実は彼女は生涯を通して相当なファザコンだったようだ。彼女の父親であるアルベールシャネルは、フランスのプロヴァンス地方に住む農民の出で、いかにも地中海人種らしいハンサムで魅力的な男性だった。彼女はそんなハンサムな父親に夢中で、本名のガブリエルよりも、生涯「ココ」と愛称で呼ばれることを好んだのは、愛する父親がつけてくれた呼び名だったからだとか、父親が可愛がっていた犬の名前だったからなどといわれている。歌手をめざして田舎町のキャバレーで歌っていた歌の題名にちなんでつけたともいわれるが、彼女の発言は多様で偽りも多いようなので定かなことは不明だ。しかし、彼女がファザコンだったからこそ、ココと呼ばれることを好んだのだろう。ココは多くの熱烈な恋をしたが、その相手はいつも父親のような男性だった。彼女は生涯を通して自分を捨てた父親を求め続けていたのかもしれない。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820315

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト