MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2自然 > 宇宙

公転
【こうてん】

地球は、時速八〇万キロという猛スピードで動いている

地球は自らが回転しながら(自転)、さらに太陽の周りをぐるぐると回っている(公転)。さらに、ほかの太陽系の惑星とともに、三万光年も離れた銀河系の中心の周りを回っているのだ。これらの回転の速さは、それぞれどれくらいになるのだろうか。地球の自転の速さは、赤道上では時速約一七〇〇キロで、これは新幹線「のぞみ」の最高速度の約五倍以上だ。公転は、地球が太陽の周りを一年間かけて回る運動で、こちらの速さは秒速約三〇キロ、時速では約一一万キロであるジェット機が時速一〇〇〇キロ、ロケットが地球の重力から脱出する速度でも時速三万キロで、公転の速さには遠くおよばない。では、地球を含む太陽系が、銀河系の中心の周りを回る運動の速さはどれくらいかというと、これは秒速約二二〇キロ、時速では約八〇万キロという速さになる。そして、それだけの速さでも一周回るのに二億四〇〇〇万年もかかるという。しかし、それだけの速さで地球は動いているのに、私たちに動いている実感がないのはなぜだろう。それは、エレベーターや電車に乗っているときを思い出せばよくわかる。動きはじめるときと停止するときには動き(加速度)を感じるが、一定速度で動いている(等速運動)ときには、止まっているときとまったく区別がつかない。つまり動きを感じないのである。地球に乗っている私たちも、これと同じということだ。では、地球の自転に対して私たちが振り飛ばされずに地面に立っていられるのはなぜか。これは地球の引力があるからである地球の自転による遠心力は、いちばん大きい赤道上でも、引力の約〇・三パーセントしかない。ちなみに月は地球の周りを約二七日かけて回っている(月の公転)。自転も同じく二七日で一回転なので、月は地球にはいつも同じ面を見せていることになる。そのため、月の模様はいつも同じなのだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820303

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  手のひらを太陽に  上総・下総  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト