MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生物の不思議 > 動物

コアラ
【こあら】

コアラの赤ちゃんの離乳食は、母親のウンチ!?

コアラ食べ物として知られているユーカリ。そのユーカリには、実は青酸が含まれている。知っての通り、青酸には強い毒性がある。では、なぜコアラユーカリを口にして体を壊さないのか。それは、高い消化能力を持つ盲腸と解毒能力を持つ肝臓のおかげである。優秀な盲腸と肝臓を持たないコアラ以外のほとんどの動物は、残念ながらユーカリ食べることはできない。コアラの住むオーストラリア大陸では、森林の八割ほどをユーカリが占めているというから、それを主食とするコアラはなんとも贅沢でうらやましい。しかし、いくらコアラでも、赤ちゃんコアラまでもが毒性のあるユーカリ食べるわけにはいかないだろう。母親のお乳を卒業した後は、いったい何を食べているのか。答えは驚くなかれ、お母さんコアラのウンチであるコアラ哺乳類のなかで最も長い二?三メートルという盲腸を持ち、そのなかに生きているバクテリアや酵素でユーカリの毒素を分解し、栄養を吸収する。しかし、この大事な役目を果たすバクテリア赤ちゃんのうちはまだ備わっていない。そのため、コアラ赤ちゃんは母親のウンチを食べることでそのバクテリアを体内に取り入れているわけだ。コアラの母親は赤ちゃんが離乳期に近づくと、ユーカリの葉の色である緑色の軟便を排泄するようになる。これを「パップ」と呼ぶ。コアラ独特の未消化便で、本当はウンチとは別物なのだが、赤ちゃんにとってはそれが大事な離乳食となるのだ。これだと、すでに母親がユーカリを解毒し毒素は弱まっているから赤ちゃんにも安心だ。赤ちゃんパップ食べることにより、ユーカリを消化するためのバクテリアをもらう。と同時に、数多いユーカリの種類から自分が食べるべきユーカリの匂いを覚えていくのだ。おもしろいことに、カンガルーと同じ有袋類のコアラは、袋がカンガルーとは逆で下向きに開いている。赤ちゃん顔を出すとすぐ目の前に肛門があるというしくみになっている。ちなみにユーカリは栄養的には乏しいため、それを食べるコアラは活発に動き回るエネルギーを得ることはできない。そのためコアラは一日のうちのほとんど(一八?二〇時間)を寝て過ごす。また、水分はユーカリから摂取し、直接水を飲むということはほとんどない。「コアラ」は先住民アボリジニーの言葉で「水を飲まない」という意味だ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820286

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト