MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2社会 > 事件

元号①
【げんごう】

本当に誤報だったのか?決まりかけた幻の元号「光文」

世紀の大誤報として語られているのが、大正から昭和へと元号が変わったときの、一九二六年一二月二五日付東京日日新聞の号外記事であるそこでは、新天皇践祚と同時におこなわれる改元で、新しい元号は「光文」と決まるだろうと報じているのである。これが結果的に誤報となり、新元号は「昭和」となるのだが、実は東京日日新聞にスクープされたため、急遽さしかえられたのではないかという説がある。崩御前、大正天皇は葉山御用邸で病床につかれており、取材記者たちは情報収集に全力を注いでいた。そんななか、大正天皇の崩御の発表があったのが一二月二五日午前一時二五分。崩御から一時間以上を経過してのことだった。その一報を受けて東京日日新聞の輪転機はすぐに回転をはじめ、午前四時には東京の各家庭への無料配達がおこなわれたという。元号決定を載せたのは同新聞だけだった。ところが、同新聞は午前一一時前には「昭和」に決まったことを知り、二つめの号外を発行することになってしまった。実は新元号については、大正天皇が重篤な症状になられてからすぐに選考会議がもたれていたという。宮内省と内閣の双方で選定作業が進められていて、「光文」は内閣側の、「昭和」は宮内省側の挙げた候補だったという。同新聞は、この段階のどこかで関係者から情報を得たのではないかといわれている。新元号の最終決定の場である枢密院本会議は、一二月二五日午前六時四五分から九時二五分まで開かれている。実はこの本会議時間の長さが疑惑の種なのだ。東京日日新聞のスクープがすでに知れ渡っている時間帯である。皇室に関わる重大な出来事で、一新聞社にスクープされたとあっては宮内省も内閣も沽券に関わるそこで急遽、「光文」の決定を覆して「昭和」に変わったという説が出てきたのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820279

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト