MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2ヒトの不思議 > 人物

キュリー夫人
【きゅりーふじん】

自身二回、さらに娘も受賞した、いわば「ノーベル賞クイーン」

放射能を持つ元素ポロニウムとラジウムを発見し、一九〇三年にノーベル賞を受賞したキュリー夫人ことマリー・キュリー小さい頃に伝記を読んだ記憶がある、という方も多いのではないだろうか。実はこれが女性に贈られた初のノーベル賞であった。ポーランド出身でフランス物理学者であった彼女は、夫との共同研究によりノーベル物理学賞を受賞したのだ。夫とその兄ジャックの考案した電位計を使い、大量の鉱石のなかにほんのわずかだけ含まれているラジウムを精製するという、気の遠くなるような作業をおこなった努力の人だった。一九一一年、金属ラジウムの分離に成功した彼女は、四四歳のときに再びノーベル化学賞を受賞する。残念ながら夫ピエールは交通事故で他界しており、このときは単独での受賞だった。授賞式で彼女は「この栄誉は、夫ピエールとの共同研究によりその土台が築かれたもので、私へのお褒めの言葉は、そのままピエールへの賛辞であると考えます」と述べ、人々の感涙を誘ったといわれている。二度のノーベル賞受賞はキュリー夫人初めて。ちなみにその後三人のノーベル賞複数回受賞者が出たが、アメリカのバーディーン(物理学賞を二度)、同じくアメリカのライナス・ポーリング(化学賞と平和賞)、イギリスのサンガー(化学賞を二度)といずれも男性だった。女性は彼女だけである。しかも男女を通じてただ一人、自然科学異なる部門で二回受賞している。実は彼女のノーベル賞における記録はこれだけではない。彼女の研究は娘夫婦にも受け継がれ、娘イレーヌ・ジョリオ・キュリーは夫フレデリックとともに、一九三五年、ノーベル化学賞を受賞。親子二代、しかもともに夫婦での受賞というのはノーベル賞史上でも唯一の例だ。まさに「ノーベル賞クイーン」と呼ぶにふさわしい実績である




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820228

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト