MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2地理 > 国・島・都市

九州
【きゅうしゅう】

かつては九つの州があったの?

九州には、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島の七県しかない。沖縄を含めても八県で、九つの「州」ではない。では、八県なのに九州とはこれいかに、ということなのだが、現在の県名になる前は、実際に九つの州(国)に分かれていたことによる。さかのぼること一三〇〇年ほど前の八世紀はじめ頃、律令制により日本が五畿七道(大和、山城、河内、摂津、和泉の五畿と東海道東山道北陸道山陰道山陽道南海道西海道の七道)に区分されると、行政官である大宰府は、筑前、筑後、豊前、豊後、肥前、肥後、日向の七国と壱岐、対馬の二島を合わせて「西海道」とし、いまの九州地方を統轄した。そして、その後には様々な変遷を経て、地つながりの薩さつ摩まと大隅の二国が加わって、二島以外の「筑前、筑後、豊前、豊後、肥前、肥後、日向、薩摩、大隅」から成る九州本島を「九州」と呼ぶようになったようだそれでは、沖縄県は九州か? 九州ではないか?一六〇九(慶長一四)年、島津氏の征服によって琉球王国は九州地方の一部に入った。その後、明治時代に沖縄県となったが、第二次世界大戦時はアメリカの統治下に入って、いったんは九州とはいえない状況が続いた。その後、終戦があり領土が返還された一九七二(昭和四七)年、再び日本の領土となり、九州地方の一部となった。したがって、現在、沖縄は広義では九州地方の一部である。ちなみに、四国も、五畿七道時代の南海道のうち紀伊と淡路を除いた、阿波、讃岐、伊豫、土佐の四つの国があったことがその名の由来だ。いまは徳島、香川、愛媛、高知の四県である。なお、北海道は、五畿七道には入らない。明治時代に入り、法令で蝦夷地が北海道と改名されたのは、一八六九(明治二)年である




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820227

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト