MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2社会 > 社会

お召し列車
【おめしれっしゃ】

天皇陛下がお乗りになる「一号御料車」

「一号御料車」とは、天皇陛下がご乗車になる車両のこと。あまり聞いたことがないのも無理はない。旧国鉄時代の一九六〇(昭和三五)年に特別にしつらえた車両で、いまでもその車両がJR東日本に受け継がれて管理されている。なかは、まるでアンティークな雰囲気の高級旅館のスイートルーム。金や金メッキで装飾された黄金づくりで桃山時代の様式だ。車両の中央にある「御座所(おましどころ)」に天皇陛下がお乗りになる。ソファーテレビはもちろん、窓は複層式防弾ガラスで、パワーウインドー式、二〇ワット蛍光灯が八〇本埋め込まれているという。JR東日本が管理しているこの皇族用の車両は、電車が一両で客室が八両の計九両。このうち三両の客室は一九六〇年から使われず、実質は客室五両の編成。その真ん中に「一号御料車」が連結される。この前後に連結されるのが、お供や警備用の「供奉車」。二五人乗りの「三三〇号供奉車」、四六人乗りの「三四〇号供奉車」、発電設備を備えた「四六〇号供奉車」、鉄道関係者用の二八人乗りの「四六一号供奉車」の四種類が一九三一(昭和六)年につくられている。最近では、二〇〇一(平成一三)年三月二八日に東京?北鎌倉間で運転された。車両建造費や管理費はすべてJR東日本(旧国鉄)の負担で、宮内庁によれば、天皇陛下がご乗車になった場合には、金額は未公開だが「御礼」という形で各鉄道会社に支払いをしているという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820134

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  冷奴  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト