MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2地理 > 場所

お台場
【おだいば】

地名の由来は、ペリーの黒船撃沈を狙って設置された「砲台場」

フジテレビのあるお台場は、東京の新たな観光スポットとして人気だが、ここが「お台場」と呼ばれるようになったのは、ある歴史的出来事と関係している。一八五三(嘉永六)年、ペリー率いるアメリカの艦隊がやってきた。慌てたのは幕府である。ペリーは、その圧倒的な軍事力を背景にして、鎖国政策を貫いていた日本に開国を迫ってきた。突然の来訪で、何の対策も立てられなかった幕府は、とりあえずペリーが携えてきた国書を受け取り、十分に検討するからとして、回答は翌年に伝えることにした。そうして、いったんペリーにお引き取り願ったのであるそして、ペリーがまた艦隊を引き連れてやってくる前に、こちらも防御策を打つことにした。それが、品川沖に一一の人工島をつくり、その島々に大砲を設置して、どこからでもペリーの艦隊を迎え撃つことができるようにするというものだった。ところが、実際には、六つめの人工島をつくっているうちにペリーがまたやってきてしまった。ペリーといえども、この大砲を抱えた人工島が浮かぶ品川沖には入れず、横浜まで引き返して上陸した。しかし、この品川沖の人工島の威力もそこまでで、結局、幕府はアメリカの圧力に屈して、日米和親条約を締結した。開国してしまっては品川沖に人工島を築く意味もなくなり、品川沖の台場計画は途中で終わってしまった。その後、品川沖に浮かぶ人工島は埋め立て工事により、第三と第六の跡だけになった。このうちの第三の跡が、現在、台場公園となっている。というわけで、もともと砲台の台場としてつくられたことから「台場」、しかも幕府の命で築かれたので、敬意を表して「御」をつけ、「お台場」と呼ばれるようになった、あるいは「砲台場」がなまって「お台場」になったという。どちらにしても、砲台場だったことが語源なのは間違いない。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820125

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト