MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2学校じゃ教えてくれない?! > 歴史

エジプト人
【えじぷとじん】

ネコまでミイラにしていたエジプト人

私たち日本人にとって、ネコといえばイヌと並ぶ二大ペット親しみやすい動物だが、そのネコも、場所と時代が違うとまったく違った扱われ方をしていたようだ古代エジプトといえば、亡くなった身分の高い人をミイラにする習慣があったが、なんとネコもミイラにされていたという。ミイラにされていたということは、身分の高さを示しており、どうやらネズミなどから作物を守る農業の神様として崇拝されるようになり、その崇拝が紀元前一五六〇年頃から紀元前一〇八五年頃の新王国と呼ばれる時代に最高潮に達したようだ美少年の王・ツタンカーメンやアマルナ美術で有名なこの時代に、ネコはとても神聖な動物とされて大切に扱われていた。ペットといえば、ペットのような扱いになるかもしれないが、ネコは農業をするときの見張りとして有能で、サトウキビ畑の鳥を捕らえるときなどにも役割を果たしていた。老衰や病気でネコが死んだ場合、必ず飼い主の家族が、全員、眉を剃り落として喪に服した。また、それ以外の理由でネコを死なせてしまった飼い主の場合は、事故死などであっても今後いっさいネコを飼ってはいけないという判決が下され、もちろん故意に殺したなどという場合は即刻、死刑だった。ここが、現代の扱いと最も違っているところかもしれない。この時代のネコは、死後、ミイラ職人のところへ運ばれて、香油で処理され、飼い主の財力に応じて高価な布などに包まれて、棺おけに入れられてネコ専用の墓地に葬られている。大量のネコを埋葬してあるネコのミイラだらけの遺跡などが、実際に発見されている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820102

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  冷奴  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト