MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生物の不思議 > 動物

ウサギ①
【うさぎ】

「寂しいと死んでしまう」というのはどこまで本当か?

長い耳と小さな目がかわいいととらえられることが多く、ペットとしても人気があるウサギ。現在、人に飼われているウサギは、すべて「哺乳綱ウサギウサギ科アナウサギ属」を家畜化したものといわれている。ペットとして飼われるウサギの種類には、短毛で小型、好奇心が強く活発な「ネザーランド」、耳が大きく垂れているのが特徴で、顔が丸く愛嬌があり、性格は非常におとなしく、人にもよくなつく「ロップイヤー」、目の周りに特徴のあるアイラインを持つ小型のウサギ「ドワーフホト」、短毛種だが、毛の密度が濃く美しく、性格も穏やかで人なつこい「レッキス(ミニレッキス)」、本来は毛を利用するために生み出された長毛種で、おとなしい性格で我慢強く、人形のように動かないものが多い「アンゴラ」などがある。さて、よく「ウサギは寂しいと死んでしまう」といわれるが、本当だろうか。結論からいえば、ウサギに限らず、「寂しいと死んでしまう」という動物はいない。しかし、一匹だけで置かれていると、気持ちから活力がなくなり、結果として食欲がなくなって病気になり死んでしまうということは考えられる。これは、人間にも同様のことがいえるだろう。人間も他人と話したり、食事をしたりしてコミュニケーションをとりながら暮らしている。もし、いっさいのコミュニケーションをとらないで生活していったなら、精神的にまいってしまうに違いない。ペットの元気を保つためにも、返事がなくとも毎日話しかけるようにし、一緒に遊ぶ時間を持ちたいものである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820077

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  冷奴  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト