MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2地理 > 場所

ヴェネツィア
【べねちあ】

いまも地盤沈下を続ける、水の都「ヴェネツィア」

世界遺産にも指定されている、イタリアのヴェネツィア(ベニス)は美しい水の都として有名だ。街全体の水路の数はおよそ一二〇本。車用の道路のないヴェネツィアでは唯一の交通手段が船となっている。ヴァポレット(水上バス)や渡し船など、その種類はいろいろだ。また、水上を優雅に滑るゴンドラヴェネツィアの風景には欠かすことのできないものであるヴェネツィアは、アドリア海の潮の干満によって干潟となる湿地帯につくられた「人工島」。その地盤は泥に打ち込んだ木の杭なのである。このような悪条件でも、一二世紀から一八世紀にかけて華麗な建築物が数多く築かれた。ヴェネツィアの起源は六世紀にさかのぼる。ヴェネト地方の住民が東方から侵入した蛮族に追われて逃げてきたのである。地盤の緩い地域なら敵も追ってはくるまいと考えたのだろう。これが一〇〇〇年以上も続く繁栄のはじまりであった。中世、ヴェネツィアは、ビザンティン帝国の経済的、軍事的援助と引き換えに東方交易の特権を手にし、海軍力と富を背景に「アドリア海の女王」として君臨した。しかし、一七九七年、ナポレオンによって崩壊。一八一五年に解放されたが、大国主導のウィーン会議によって、イタリア最古の都市国家は独立を失った。ヴェネツィアの最大の悩みは、なんといってもいまも進行する地盤沈下である地盤沈下は一八世紀頃からはじまり、一九世紀までの一〇〇年間でおよそ一〇センチ沈んだ。さらに二〇世紀にはスピードアップして一〇〇年間で三〇センチと三倍のペースになっていった。八〇〇年頃の都市建設当時から見ると、すでに一・五メートルほども没しているのだといい、一階部分が使えなくなっている家も多いようだ。また、一〇月から四月にかけて数回起こるアクア・アルタという高潮現象もヴェネツィアの人々にとっては悩みの種。街中が水浸しになるため、長靴は必需品となる。今後も一?一・五メートルの高潮が起きるおそれがあり、地盤沈下とともに早急な対策が求められる




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820073

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト