MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 乗り物

ウインカー
【ういんかー】

ウインカーの点滅回数は、人間が緊張気味のときの脈拍数

車を運転していて、ふと前の車のウインカーがチカチカと、いつもより早く点滅している気がしたことはないだろうか。実は前後左右あわせて最低四つあるウインカーの電球のうち、どこかが切れているとそんな現象が起こるのであるウインカーが少なくなってしまうことによって、残りの電球に過電流が流れてたくさん滅するようになるためだ。本来、ウインカーの電球の点滅する速度は、道路運送車両法の保安基準によって毎分六〇?一二〇回、また常に一定の速度で点滅することと決められている。このスピードは、人間が緊張気味のときの脈拍数と同じリズムという。車線変更や右左折など、普段とは違った動きをするときに、それまでの運転になれたドライバーに注意を促すことで事故を防ごうという意味があるようだ。点滅の速度があまりにも速いと、ドライバーはかえって焦ってしまい、逆に遅いと緊張感がなくなってしまう。そこで「緊張気味の脈拍数」という、少しだけ速めのスピードに設定されているのだ。現在多くのメーカーでは、ウインカーの点滅速度を毎分七〇?八〇回に設定しているという。保安基準では、ウインカーだけでなくヘッドランプブレーキランプなど照明装置の数や色、設置場所などについても細かな基準が定められている。これは対向車や歩行者にとって何が最もわかりやすいかを検証した結果だ。逆に、これらの照明装置が見えづらくならないよう、定められた機器以外の照明装置をつけることも禁止されている。デコレーショントラック(略してデコトラ)などと呼ばれる派手な電飾を付けた車が話題になったこともあったが、危険を知らせる赤色や橙色の照明を使用しないなど、法律の網の目をくぐるような形で装飾が考えられているようだ




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820071

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト