MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2地理 > 場所

上野公園
【うえのこうえん】

ボードワン博士像は、実は博士の弟の像だった!

二〇〇六(平成一八)年、上野公園の生みの親といわれる、アントニウス・ボードワン博士の胸像が上野公園から撤去された。その理由は「人違い」。幕末の動乱で荒地と化した上野の山。明治政府は当初、焼け残った樹木を建築用材として伐採しようという案や、不しの忍ばずの池いけを埋め立てて水田にしようという案、いまの東京大学の前身でもある西洋医学所を同地に移転させようという案などを検討していた。しかし、十分に自然が残されていた上野の山の景観が失われてしまうのを嘆いた在日オランダ人医師、ボードワン博士の強い進言によって公園となったのである。こうして生まれ上野公園は、一八七三(明治六)年に、はれて日本初の公園に指定されたのである。博士の胸像は一九七三(昭和四八)年、上野公園開園一〇〇年を記念して、開園に尽力したボードワン博士の功績を称える意味で同地に設置された。ところが後になって、この像のモデルが博士本人ではなく、博士の弟である駐日オランダ領事だったことが判明したのである。胸像には立派な「あごひげ」があるが、博士は「ひげ」をたくわえていなかったのであるとんだ人違いで、三〇年間にわたって公園を見守ってきた博士の弟の像は上野の地を去ることとなってしまった。現在は、ひげのない博士本人の胸像が同地に設置され、弟に代わって上野公園にたたずんでいる。ちなみに、撤去された博士の弟の胸像は補修され、オランダ大使館に寄贈されたという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820074

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト