MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2趣味 >

色②
【いろ】

英語圏では「ピンク」ではなく、なんと「青」がイヤラしい!

色っぽいという言葉がある通り、「色」にセクシーイメージ重ねることがある。なかでもエッチな色といえば、ピンクだろうアダルト映画のことを俗に「ピンク映画」といったり、風俗の店を「ピンクサロン」といったりする。一説には、ピンク色は桃の花の色なので、そこからひな祭りの色となり、女性をあらわす色になったという。また、昔話の『桃太郎』が桃から生まれるのは、桃は女性の子宮を意味しているからだという人もいる。もっとも、いつの頃からピンクが女性のイメージになったかは定かではない。平安時代、男女の秘めごとを「色ごと」といい、ひっきりなしに美女を求めることを「色ごのみ」といったりはしたが、この頃はまだ漠然と「色」といっており、とくにピンクに限定していたわけではない。ところでピンク色を見てエッチな色感じるのは日本人だけのようだ。英語圏では、アダルト映画のことをピンク映画とはいわず、「ブルー・フィルム」という。もともとハードアダルト映画の画像は青みがかっていたので、そう呼ばれるようになったといわれているが、なぜブルーエッチな色なのかは定かではない。日本人の感覚では、ブルーといえば気分を鎮める色であり、ブルーイメージでは、ベッド燃えるのはなかなか難しいかもしれないが……。おもしろいのは、アダルト映画がスペインにいくと、「シネ・ヴェルデ(緑映画)」となり、中国にいくと「黄色録音帯」となること。つまり、スペインならグリーン、中国ならイエローエッチな色になるわけだ。ところ変われば、こんなにも色のイメージ変わるである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820062

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト