MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全社会 > 社会

村八分②
【東京雑学研究会編】

§村八分の制裁にもいろいろあった

村八分」のような制裁は古くから行われており、村という共同社会ができた頃からあったようである。古くは中世に始まり、戦前まで続いていたのだ。
制裁のうち、罪の軽いものは罰金で、それ以外に絶交、追放といったものがあった。特に、絶交と追放は、地域社会から締め出されるということを意味しており、非常に厳しい制裁だ。絶交は、一切の交際が絶たれ、口もきいてもらえず、いてもいない扱いを受けてしまう。ひどいときは、頭巾をかぶらせたり、縄帯をつけさせたりもしたという。
最も重い追放では、道切りや道祖神で守られた安全な村から、村境に追いやられてしまう。これに伴うのは、孤独感にさいなまれ、寂しいといった精神的な問題だけではない。野武士が横行したり、辻斬りが時折現れたりというような時代の社会背景を考えると、身の危険を伴う非常に辛いものだっただろう




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670922

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 性的に刺激する色  凸凹  芸能デスク  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト