MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全ヒトの不思議 > 人物

向田邦子
【東京雑学研究会編】

§超「達筆」なシナリオライター

橋田寿賀子、山田太一と並ぶシナリオライター向田邦子。実践女子大学を卒業後、映画雑誌の編集者をしながら市川三郎に師事し、ラジオテレビの台本を手掛けた。一九六四(昭和三九)年「七人の孫」というヒットを飛ばし、その後、「だいこんの花」「寺内貫太郎一家」「阿修羅ごとく」「あ・うん」「隣の女」などのヒットを連発して高視聴率ドラマ作家の地位を不動のものにした。一九八〇(昭和五五)年には「花の名前」「かわうそ」「犬小屋」で第八三回直木賞を受賞した。
彼女が執筆したドラマの数は一〇〇〇本以上、ラジオに関しては一万本を超えるが、絶妙なセリフまわしや、卓抜した構成で「向田ドラマ」という言葉も生まれ、今日のホームドラマの基礎を築いた。
といった華々しい経歴を持つ向田邦子がとんでもない悪筆だったということは案外知られていない。
あまりの達筆のために、まるで読めない字を書く人はたまにいるが、向田邦子の場合、それが並外れていた。本人はきちんと書いているつもりなのだろうが、他人にはどうしてもミミズが這い回ってるくらいにしか見えない。もちろん私信なら、それでもある程度許されるかも知れないが、印刷物になる原稿となるとトラブルが多発することになってしまう。
とにかく彼女の原稿の読みにくさは天下一品テレビドラマの台本も、生原稿が印刷所で印刷されてきても、誤字脱字だらけで関係者は大弱りだった。
ある日、女優の池内淳子が向田邦子に聞いたことがある。
「向田先生、台本に『猿股』って書いてあるんですけど、私、どんな表情をすればいいんでしょう?」
向田邦子は驚いて、
「なんですって? 私は『狼狽』って書いたのよ?」
こんな実話も飛び出すほど、向田邦子の原稿は読みにくかったようだ
困りに困ったスタッフは彼女の字を判読できる印刷所を特別に指定し、もっぱらそこで向田作品の台本を印刷させることにした。
これで誤字脱字のトラブルは目に見えて減り、この印刷所は「向田印刷所」のニックネームを賜り、関係者におおいに感謝されていたという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670920

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 一か八か  五節句廃止令  凸凹  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト