MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生物の不思議 > 昆虫

ムカデ
【東京雑学研究会編】

§ムカデの足は本当に一〇〇本あるのか?

ムカデは漢字で「百足」と書く。さて、実際にこの虫には一〇〇本の足があるのだろうか。それとも、とても多いことの単なる比喩的表現にすぎないのだろうか。
日本でムカデといえばトビズムカデかアオズムカデのことである。このトビズムカデは日本では最大の種類で全長が一五センチもある。ただし、注目の足は四二本しかない。
ムカデの体は頭と胴からなり、頭には一対の触角がある。足は胴についているのであるが、一対の足を両側に持つ胴節が多数ある。
少ないもので胴節は一五、足は三〇本、多いもので胴節は一七七、足はなんと三五四本もあるのだ。つまり、ちゃんと一〇〇本以上もの足があるのだ。ただし、実際に一〇〇本足のムカデは見つかっていないのだとか。
「百足」と書くのは、やはり足が多くあることに対しての当て字である。地方ではハガチとか、ムカゼなどと呼ばれ、毘沙門天のお使いだという信仰もあり、鞍馬寺ではムカデを尊ぶ。関東では赤城山の神ムカデの姿をして現れたという伝説があり、赤城神社の鳥居にはその姿が彫刻されているということである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670918

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  炭坑節  一か八か  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト