MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全趣味 > 芸術

ミロのヴィーナス①
【東京雑学研究会編】

§「ミロのヴィーナス」はデブだった!

レオナルドダ・ヴィンチは偉大な芸術家として知られているが、実は科学者でもあった。
ダ・ヴィンチは「美の均整」というものを科学によって求めようと、メジャーはもちろん、コンパス分度器などを駆使して、彼が着目した「ミロのヴィーナス」を徹底的に測定したという。つまり「ミロのヴィーナス像」は究極の彼の美の象徴であったわけだ。
このプロポーションは、現在でも欧米の美人コンテストの基準にまでなっているというから、ダ・ヴィンチのこだわりは後世もきちんと守られているわけである
そこで、気になるのがヴィーナス像のスリーサイズだ。実測と推測によると、バスト約九四センチウエスト六六センチヒップ九六センチ。身長は一六八センチで体重は六〇キロと、昨今のプロポーションからいけば、ご立派な体格をしているのである。ご立派とはかなり遠慮した言い方で、はっきり言ってしまえばデブである
天才ダ・ヴィンチも、女性にはふくよかさを求めたのであろうか。かなりオーバーエイト気味の美だったわけである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670916

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 クラウチングスタート  五節句廃止令  性的に刺激する色  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト