MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全社会 > 企業

三菱鉛筆
【東京雑学研究会編】

§三菱鉛筆は三菱グループとは無関係の会社だった!

企業マークはその企業の顔のようなもの。それが同じとなれば、同じグループだと誤解されても仕方ないことである
三菱鉛筆と三菱グループは、三つの菱形を用いた同じマークを使っている。しかも、名前も三菱とつくところから、三菱鉛筆は三菱グループ傘下と誤解されがちなのだが、実は二つは何の関係もない会社なのだ。
三菱鉛筆の創業は一八八七(明治二〇)年のこと。東京の四谷に「眞崎鉛筆製造所」として誕生、そして一九〇三(明治三六)年に例の三菱マークを「三菱ブランドとして登録している。これは、眞崎家の家紋が「ミツウロコ」だったことと、通産省に三種類の国産鉛筆を納入したことから、このマークが用いられたのである。実際に、社名が現在の「三菱鉛筆株式会社」と変更されたのは一九五二(昭和二七)年のことだった。
一方、三菱グループは、土佐藩出身の岩崎弥太郎が海運業を手始めとして起こした会社で、三菱商会と改称したのは一八七三(明治六)年のことである三菱鉛筆と同じマークは、一九一〇(明治四三)年に用いられたものである
これからいけば、マークは鉛筆の方が早く、三菱という名前は三菱グループの方が早く使ったことになる。
同じマーク、同じ名前でありながら、特にもめごともなくきた二社であるが、さすがに、学生運動のときに始まった不買運動にはまいったようである
政府が戦闘機を買うことについて、学生は猛烈に反発。そして、その抗議運動の一環として三菱鉛筆の不買運動を展開したのである。三菱という名前から、旧財閥を想像し、そして、三菱重工などの軍需産業とイメージ重なる三菱鉛筆の商品は買うなというわけである。鉛筆が黒鉛と粘土から作られたことから、財閥のイメージを持つ鉱山との関係があると思い込まれたことも一役買った。
グループと全く無関係だった同社では、これにはさぞかし面食らったことだろう。しかし、それも乗り越え、二つの会社は、特に、名前やマークで争うこともなく、発展してきたのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670914

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 クラウチングスタート  五節句廃止令  性的に刺激する色  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト