MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全趣味 > 芸術

ムンク
【東京雑学研究会編】

§ムンクの叫びは何を叫んでいるのか?

橋の上で、両手を顔に当てて叫んでいる人物。空は赤く、色彩も線もゆがみ、見る者にまで底知れぬ不安をもたらす。
誰もが知っている『叫び』は、ノルウェーの画家ムンクの作品である。性別も、年齢もわからないこの人物は、一体、何を叫んでいるのだろう
それを知るには、ムンクの生涯が手がかりになる。一八六三年に生まれムンクは、幼い頃に母と姉を結核で失い、自身も一三歳で喀血し、いつも死の不安にとらわれていた。画家となってからも、彼が描くのは、自己の内面の孤独と、肉親の死の記憶だった。
一八九二年一月二二日の彼の日記には、次のようにつづられている。「私は見た。青黒いフィヨルドと町の上に、燃えるような雲が、血か剣のように覆いかぶさるのを」「私は恐怖に襲われて立ちすくんだ。そして大きな叫びが、自然をつんざくのを感じた」
この日、彼は二人の友人と歩いていたが、陽が沈むと憂鬱でたまらなくなり、なぜか空が血のように赤くなったと感じ、橋の欄干にもたれずにはいられなかったという。
この状況は、『叫び』のモティーフとぴったり一致する。絵の人物はムンク自身で、叫んでいるのは、具体的な言葉ではなく、不安そのものであろう。あるいは、叫んでいるのは人物ではなく世界の方で、あの人物はそれを聞くまいと耳をふさいでいるのかもしれない。
ムンクの一連の作品は、社会からスキャンダラスに受け取られたし、彼自身も若い頃に、女性との別れ話のもつれから、自分の左手の中指を吹き飛ばすという事件を起こしている。ピストルの暴発だったというが、本当のところはわかっていない。ことに、『叫び』を描いた頃は、奇行が目立った。
一九〇八年から翌年にかけてムンク精神病院に入院する。退院後は、写実的な画風で労働者や農民の姿を描いたこともあったが、世間とは交わろうとせず、一九四四年に孤独の中で世を去った。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670923

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 性的に刺激する色  凸凹  芸能デスク  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト