MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全そーだったんだ! > フィクション

バベルの塔
【東京雑学研究会編】

§バベルの塔には実在のモデルがあった!

旧約聖書』に出てくる「バベルの塔」は、神にも届かんばかりの高い塔であった。人々が神に近づこうと、とても高い塔を建設し始めたのである。しかし、神はそれを怒り、人々の言葉を通じなくさせ、各地にばらばらに散らばらせて、町をつぶしてしまったというお話である
神話とも伝説ともいえるお話だが、実はこのバベルの塔には実在のモデルがあったのである
一九世紀、ドイツの建築家コルデヴァイはイラクのバビロンで、塔の遺跡を発掘した。ここはメソポタミア文明の地である。メソポタミアには、塔頂に神殿を持つ聖塔が建てられる慣習があり、これをジッグラト(神殿塔)と呼んでいたそうだ
ジッグラトがなぜ作られたかについては、諸説ある。一つはシュメール人の元の居住地にあった山をシンボル化しているのだという説、天体を観測する塔だったという説、ピラミッドの影響で建てられた王の墓だとする説、神をそこに祀ったとする説、神を降臨させる場所だったとする説などである
そして、そこからバベルの塔という話も生まれたわけである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670777

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  上野アメ横  炭坑節  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト