MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全学校じゃ教えてくれない?! >


【東京雑学研究会編】

§「春」がエッチな意味で使われるのはなぜか?

うららかな日差しの下、美しい花の乱れ咲く春が、どうして「卑猥な」とか「いやらしいイメージにつながったのであろう。「春本」「春画」「春情」「売春」「買春」など、「春」のついた言葉には、口にするのもはばかられるようなものがけっこうある。最近の若者には、adultという英語を「大人の」という意味ではなく「エッチな」という意味にとっている者がいるという。確かに、アダルト映画と呼ばれる映画もあるし、現代の「アダルト雑誌」は、昔の「春本」に当たるからである。しかし、「春」という字が、そのような意味に用いられるのは、本来の意味から派生した結果なのである。本来の意味を求めて、中国古代の哲学を垣間見てみよう。
古代中国では、陰陽五行説で万物の生成や天地の変異、人事の吉凶を説いていた。宇宙間の万物を造っている相反する二つの気「陰」と「陽」で、季節の変化も説明できたのである。冬には「陰」の気が一〇〇%の状態で、しだいに「陽」の気が盛んになってくると春が来て、やがて「陽」の気が盛んになり、夏が訪れる。秋から冬はこの逆である
「陰」と「陽」は、女と男を象徴するものでもあった。女が陰で男が陽である。中国最古の詩集で儒学の経典でもあった『詩経』に「七月」という詩がある。この詩の中には「女の心痛み悲しむ」とある。陰陽の説では、夏真っ盛りの熱い七月に、女は心痛めて悲しむらしい
後漢の学者がこの詩につけた注釈によると、「春には女は陽の気に感じて男を思い、秋には男は陰の気に感じて女を思う」とある
春になると女が男を求めるところから、「春」にエッチな意味がくっついたようだが、「秋」にもエッチの意味を持たせて「売秋」というのはどうだろう
秋の澄み切った水波は、「秋波」と呼ばれるが、意味が転じて、美女の澄んだ目や、さらには、媚を売る目つき流し目を意味するようになった。やはり、秋は男が秋波を送られて喜ぶ季節なのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670778

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト