MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全自然 > 天候

熱帯低気圧
【東京雑学研究会編】

§熱帯低気圧はさまざまな名前を持っている?

秋は台風のシーズン熱帯低気圧イコール台風と思われがちだが、熱帯低気圧には台風のほかにサイクロンハリケーンなどの種類がある。
私たちは「台風」という言葉を日常なにげなく使っているが、気象業務法という法律で明確に定義が決まっている。つまり「東経一八〇度以西、赤道以北の西太平洋熱帯低気圧域内の最大風速が時速三四ノット(一ノットは一時間に一海里(一八五二メートル)の速度)つまりおよそ秒速一七メートル以上のものを台風」とするのだ。
つまり熱帯低気圧でも、最大風速が時速三四ノット未満のものは台風とは呼ばず「弱い熱帯低気圧」という。
タイフーン(typhoon)は日本語の台風が語源となっているが、タイフーンと台風とは意味が違う。台風は最大風速が秒速一七メートル以上のものをいうが、タイフーンは最大風速が秒速三三メートル以上のものをいう。
台風とタイフーンの中間、つまり最大風速が秒速一七メートル以上三三メートル未満のものはトロピカルストームという。それ以下の弱い熱帯低気圧トロピカルデプレッションという。
タイフーン当たる強い熱帯低気圧は、インド洋ではサイクロン大西洋や南大西洋ではハリケーンと呼ばれている。それ以外にも、フィリピンでバギオ(baguio)、マダガスカルでトロバドス(trovadoes)、北東太平洋ではパパガロス(papagallos)などの呼び方がある。オーストラリアではウィリーウィリー(willy-willy)という呼び名もあるが、これはつむじ風を指すこともあり、必ずしも熱帯低気圧だけを意味するわけではない。
このように場所によって名前はさまざまに変化するが、もとは全て強い熱帯低気圧なのだ。
一年間に熱帯低気圧の発生平均数は八四個。うち北西太平洋の台風と米大陸の東西海岸域のハリケーンがそれぞれ三〇%。そのほか「サイクロン」などが残りの四〇%となっている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670747

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  炭坑節  一か八か  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト