MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全ヒトの不思議 > 人物

ネロ
【東京雑学研究会編】

§ローマの皇帝ネロは、熱狂的な香り好きだった

帝政ローマの歴代皇帝の中でも、いちばんの暴君として知られているのが、ネロである
ネロは、紀元五四年に一六歳で帝位に就き、当初は善政を敷いたものの、やがて独裁を始めた。母親のアグリッピナも権力欲が強く、息子を支配し続け、ネロとアグリッピナの間には近親相姦の噂もあった。ネロは、そのアグリッピナをはじめ、身近な者を次々に殺した。ローマに大火災が起こると、それをキリスト教徒のしわざとして迫害し、後世にまで悪名を残すこととなった。
こんなネロには、熱狂的な香り好きという一面があった。
ローマ皇帝ならば、できないことはない。宮殿の床には、じゅうたんの代わりにバラの花を敷きつめ、壁には、来客に香油や香りのように花を振りまく仕掛けセットした。宴会では、体じゅうに香油を塗った鳥を飛ばして、会場を芳香で満たし、人々を驚かせては悦に入った。
ネロの愛人ポッパエアも、負けず劣らず香り好きだった。そもそもポッパエアは人妻だったが、ネロはその夫を左遷して彼女をものにし、正妻を追放して迎え入れた。このポッパエアは、ネロの母親アグリッピナと仲が悪く、アグリッピナの暗殺は、ポッパエアが勧めたものといわれている。
ポッパエアは、もっぱら美容方面に香りを用い、香料入りの化粧クリームや、香料を入れたロバのミルク風呂を愛用した。お抱えの美容師はもちろん、調香師をも雇っていた。
競い合うように、香料を使った二人だが、やがてポッパエアは死んでしまう。
ネロは、ここでも香りの大盤振る舞いをしないではいられなかった。当時、香料の一大生産地はアラビアだった。ネロは、アラビアの生産量の一〇年分もの香料を、ポッパエアの葬式で振りまいたと言われている。
だが、六八年には反乱が起こる。軍隊にも元老院にも見捨てられたネロは、ローマ市を逃れて自殺した。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670748

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 性的に刺激する色  五節句廃止令  村八分?  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト