MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全趣味 > スポーツ

テニス
【東京雑学研究会編】

§テニスのゼロポイントを「ラブ」というのはなぜか?

最近ではお茶の間でウインブルドンの芝生のコート目にすることができる。ところでテニスの得点のかぞえ方はなんとも奇妙で、腑に落ちない。最初のポイントは一五点、次が三〇点、その次は四〇点。そして、ゼロポイントを「ラブ」と呼ぶ。一体どうしてなのだろう。これには次のような諸説がある。
卵はフランス語で「ロフ」という。テニスゲームとして体裁を整え始めた頃、0(ゼロ)の形が卵に似ているので、ポイント0を「ロフ」と呼ぶことにした。やがてこのゲームイギリスに伝わったとき、「ロフ」の発音が難しかったので、それに近い音のlove「ラブ」に置き換えたという説。
また、loveにはもともとnothingあるいはzeroという意味があった。それらは死語のようになっていたが、フランス語をそのまま移入するより、自国語のloveを使うほうを選んだという。対フランス感情まるだしの説である
イギリスの国技クリケットでは、打者の得点がゼロのとき、duck「あひる」とかduck's egg「あひるの卵」という古くからの習慣があった。やはり、ゼロは卵に関係があるらしい
これまでの説は、すでにあった数字のゼロに卵のイメージを重ねたものであったが、次の新説では、卵の観念が先で、それにゼロが結びついたようだ
ゼロという数の観念がヨーロッパで最初に現れたのは、一三世紀のイタリアであったろうと言われている。したがって、一一世紀に生まれたポーム(テニスの原形)には、ゼロという得点のかぞえ方はなかったはずであるそこで使われたのが「最初から」という意味のラテン語 ab ovo(アブ・オボ)であったという説。しかも、「オボ」は「卵」という意味なので、「最初から」=「卵から」ということになる。これは、古代ローマの饗宴では卵をはじめに出したことに由来するらしい
修道院生まれたこのゲームラテン語の「卵」=「はじめ」がゼロの代わりとしてすでに使われていたという新説には、なかなか説得力がある。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670640

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  上野アメ横  炭坑節  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト