MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全 >

零戦
【東京雑学研究会編】

§主力戦闘機だった「零戦」のゼロとは何のことか?

零戦は、戦時中の日本の代表的な戦闘機である。軍事マニアやプラモマニアには、現在も人気がある
その零戦、正式には「零式艦上戦闘機」という。全幅一二メートル、全長九・一メートル、総重量二・四トンの大きさで、軍需産業として栄えた三菱重工業が設計したものだ。
さて、ではなぜこの戦闘機が「零戦」と名付けられたのだろうか。
当時、旧日本海軍は兵器に「○○式」という名前をつけていた。そして、○○には兵器が採用された年号を当てていたのである例えば、大正一三年であれば「一三式」、昭和三年であれば「三式」というようにである
「零戦」ができたのは昭和一五年であるから、これでいけば「一五式」となるはずである。しかし、時代は第二次世界大戦に突入し、軍国主義から、神武天皇即位の年を元年とする紀元年(皇紀)の下二桁で呼ばれるようになったのである例えば、昭和五年ならば皇紀二五九〇年となり「九〇式」という具合である
昭和一五年は皇紀二六〇〇年にあたり、そこからゼロをとって「零式」と名付けられたのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670539

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト