MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全社会 > 社会

残業
【東京雑学研究会編】

§やりたくない残業は断ることができるか?

仕事のことに関する法律は労働基準法が中心である。残業についても、この法律にさまざまな決まりがある。
労働基準法第三二条によれば「一日八時間を超えて働かせてはならないし、一週間の労働も四〇時間、最低一日の休日を与えなくてはいけない」と規定している。これからいけば、残業というのは法律では基本的には認められていないことになる。しかし殆どの企業で慣例的に行われている。
これが許されるのは労使で三六協定を結んでいるからだ。三六協定とは「労働基準法上の法定労働時間を超える労働(時間外労働)や休日労働に関する協定」である。この協定を締結しないで、基準法のワクを超えて時間外や休日に労働をさせた場合には、使用者は処罰されるということになっているのだ。
労使間で三六協定を結んでいる場合でも、残業を断ることは可能である。ただし、職場もチームワークだからどうしても都合が悪いときは理由を話して断ればいいが、そうでない場合は仕事の状況を考えることも大切だろう




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670399

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト