MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 服装

サングラス
【東京雑学研究会編】

§サングラスを最初に使ったのは裁判官だった!

サングラスといえば、強い太陽光線や照り返しから目を保護するもの、つまり日よけとして、海辺やスキー場で広く使われている。ところがこれが作られた当初は、全く思いもよらぬ使われ方をしていた。
意外にも、サングラスルーツは一五世紀の中国にあった。その頃は眼鏡をいぶして、ススで黒くするという素朴な技術で作られ、度は入っていなかったという。これを使っていたのが、なんと裁判官だった。
サングラスをかけた裁判官。想像するだけで、なんとも迫力ある法廷シーンが浮かんできそうだが、どんな判決を下すか、法廷の人々に悟られないよう、サングラスで表情を隠していたのだ。
中国にもその後、度つきのものがイタリアから入ってきたが、これもまた黒くいぶされ、裁判官が使用した。
時は流れ、ハリウッドスターたちが愛用するようになると、オシャレの小道具としてサングラスが誕生。一九六〇年代にガラス製品の一大メーカー、フォスター・グラント社が、サングラスをかけた俳優たちをCMに登場させ、人気に火がついた。
銀幕のスターにとっては、プライベートでは顔を隠すため、またスクリーンではより謎めいた魅力を発揮させるため、サングラスは欠かせない小道具であったのだろう
今日でも、オシャレを楽しむ若者たちの間で、より個性的な自分を演出させる小物として活躍している。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670400

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 性的に刺激する色  五節句廃止令  村八分?  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト