MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全社会 > 社会

業界用語
【東京雑学研究会編】

§大真面目なビジネスマンが叫ぶ卑猥な言葉

どこの職場でも、その職場あるいは職種ならではの隠語や略語があって、業界用語として仲間内では常識となっている。
景気低迷が続き、厳しい業態となっている証券マンの世界も、かつてのように電話口で各自が隣に負けじとどなり合うような光景は珍しくなったが、相変わらず隠語は健在だ。
朝から、まるで食事抜きだったかのように「ラーメン」とか「ミルキー」などと食べ物の名を言う者がいれば、「ヘトヘト」とくたびれたようなことを言う者もいる。これらは株の売買のとき、社名を長々と告げるのが面倒なために生まれた符丁だ。
ラーメン」は、インスタントラーメンの生みの親「日清食品」のことで、「ミルキー」はその名前のキャンディベストセラーである「不二家」を指す。
かと思えば、「おいらん」とか「ポルノ」などと、昼間から色っぽい名が飛び交うこともある。「おいらん」は「吉原製油」でかつての色街の名からとられた通り名であり、「ポルノ」はロマンポルノが一世を風靡した映画会社「日活」のことだ。
こうした符丁はもともと「日本精工」「日本製鋼所」といった名前が似ていて、間違いやすい企業名を「コメコウ」「アーム」のように、まぎれずはっきり伝わるように言い換えたものだったが、しだいにユーモアのあるもじり言葉なども使われるようになったようだ
「相模鉄道」が「ジャリデン」、「大日本製薬」が「マルピー」、「旭化成」が「ベンベル」など、素人でも命名の由来を推測して楽しめそうなものも多い。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670250

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 クラウチングスタート  五節句廃止令  性的に刺激する色  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト