MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全社会 > 宗教

北枕
【東京雑学研究会編】

§日本人が「北枕」など北を嫌がるのはなぜか?

日本人の日常生活は、迷信、縁起かつぎ、タブーと呼ばれるものでけっこう左右されている面がある。あるものは生活の知恵と言ってもいいような理にかなったもの、また、あるものはなぜだか理由のはっきりしないもの。いろいろ混ざり合って、日常生活を円滑にしたり、あるいは不便なものにしたりしているかもしれない。
そのようなものの中に、「北」を嫌がる「北忌み」、つまり、北の方角に対するタブーがある。例えば、「北枕で寝るな」とか、「北に向かって着物を裁つな」「北に向かって髪を結うな」などである
「北枕」を縁起が悪いと考えるのは、仏教の影響によるものだ。「大般涅槃経」には、お釈迦様が亡くなられたときの様子が、「頭を北方に枕し、足を南方に指す」と書かれている。また、古代中国以来、東アジア一帯には北斗七星信仰があり、死者を北枕にして葬っていた。このような風習と仏教的な考え方が混ざりあって、「北枕」が嫌われるようになった。
「洗濯物を北向きに干すな」というのは、日陰になるから避けよと言っているのではなく、明らかに「北」に対して、ネガティブな縁起をかついでいる。「ヤカンや急須口を北に向けると、女が強くなる」とか「北側に風呂場や流し場、便所をつくると病が絶えない」というのもある。
陰陽五行説によると、「北」は「陰」や「水気」を表している。したがって、水に関係あるものを北に向けると、「陰」の性格がさらに強くなり、災いにつながると解釈されているようだ
「神仏は、北や西向きにしてならない。」南向きの仏壇には光が十分に入り明るく、神仏も気持ちよかろうというもの。また、東向きにすれば、拝む人が西方浄土の方向を向くので良いという。
「かまどの焚き口を北に向けるな」というのは、「北」に対するネガティブな縁起かつぎであろうが、かつての日本人が火を神聖視して、大切にしてきたことを思うと、火が穢れることを嫌ったのかもしれない。このように、仏教的なもの、東アジアや日本の土俗的な信仰、陰陽五行説などが入り混じって、日本人の「北忌み」を支えているようだ




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670238

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 クラウチングスタート  五節句廃止令  性的に刺激する色  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト