MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全ヒトの不思議 > 男と女

キス
【東京雑学研究会編】

§キスからわかる相手のホンネ

人間は、いつ頃から、なぜキスをするようになったのだろう
恋人や夫婦が愛情表現として唇と唇をあわせる行為は世界各地で見られ、挨拶として公然とキスする習慣のなかった日本にも、愛しあう男女の間の秘め事として唇をあわせる習慣はあった。
このキスの起源について、ちょっとユニークな説がある。
昔、男たちは獲物を求めて狩りに出て、女たちは家に残って家事や育児を行っていた。狩りに出た男たちは家に一人残してきた妻の行動が気になって仕方がない。ほかの男を家に呼んでいるかも知れないそこで酒や食べ物を出して、その後こっそりと浮気をしているかも知れない……と心配するとキリがない。
こういったことは、疑えばいくらでも疑えるもの。だから男は狩りを終えて家に帰ると、まっ先に妻にキスして、彼女の口の中に食べ物や酒の味やにおいが残っていないかを確かめた。
この「嫉妬説」がキスの起こりだとするとロマンチックなキスも何とも味気ないものになってしまう。いずれにしても、歯磨きや消臭剤の普及した現代では、口の中に残った味やにおいをキスで確かめることはできそうにないが。
もう一つ、動物行動学者の間では、人間のキスは食物を口移し与える給餌行動が儀式化したものだという考え方もある。事実、チンパンジーなどの霊長類にも唇をあわせて挨拶する行動が見られるのだ。
けれども、唇と唇を合わせることがキスの本来の型だという証拠はあがっていない。
ポリネシアやマレーでは、恋人同士が唇と唇を合わせるキスは伝統文化として存在していないし、ネパールでも一般的ではない。
古代インドでは性愛の文学が豊富で、かなりダイレクトな性描写が見られるが、そこでは手による愛撫や抱擁、鼻と鼻を近づけて相手の臭いを嗅ぎあうことがメインで、唇を合わせるキスはほとんど登場しないのだ。
いずれにしても、キスは恋人や夫婦が、常に露出している顔の中で最も皮膚の薄い唇と唇を合わせる愛情表現。「嫉妬説」が本当だったとしても、やはり根底に愛情があることには変わりない。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670236

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト