MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生活 > 健康

キシリトール
【東京雑学研究会編】

§キシリトールにはどのような効果があるのか?

ガムなどに配合されているキシリトールは、歯にいいというイメージがある。キシリトールとはいったい何で、どのような効果があるのか。
結論からいうと、キシリトールは虫歯の原因にはならないだけで、特に虫歯を予防したり、治療する効果はないといえる。たとえキシリトールが九五%、砂糖が五%でも、砂糖の虫歯を引き起こすはたらきを消すわけではないのだ。
キシリトールとは、白樺やトウモロコシの芯から作られる人工甘味料である。糖アルコールと呼ばれるものの一種だ。
キシリトールに限らず糖アルコールは、歯に付着している歯垢の細菌で分解されにくいので、甘くても砂糖とは違って虫歯の原因にはならない
なお糖アルコールは、体内で消化されにくいため、摂取しすぎると下痢をしやすいので気をつけたい。
多くの糖アルコールの甘さは砂糖の半分程度だが、キシリトールには砂糖と同じくらいの甘さがある。そこで、砂糖の代わりにガムなどに使われているわけだ。
またキシリトールは、歯磨きにも入っている。歯を磨くときに苦くないように香味剤として使われていた、サッカリンナトリウムの代替だ。
サッカリン甘味料として認められているが、発ガン性の問題があって食品としてはできるだけ使わないようになってきた。食べるわけでない歯磨きなら健康に影響はないが、代替としてキシリトールを配合するようになったのだ。
市販されているガムなどの菓子は、ほかに砂糖や水あめが使われていても、キシリトールが入っていれば「キシリトール配合」と表示されている。配合されているだけでは何の効果もないわけだから、そのようなお菓子を食べた後、虫歯になりたくなければきちんと歯を磨くことだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670234

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 彼岸花  芸能デスク  クラウチングスタート  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト