MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全社会 > 社会

カリスマ
【東京雑学研究会編】

§「カリスマ店員」「カリスマ美容師」という使い方は間違い?

カリスマ美容師」「カリスマ店員」の人気は相変わらず高くファッション誌やコスメ番組のタイトルを賑わしている。
現代の言葉で「カリスマ(charisma)」は人々を信服させる強い魅力や特殊な能力を持つ人のことをいう。特に日本語では教祖的存在だとか、飛び抜けて人気や能力のある人、を指して使われることが多い。
しかし、「カリスマ」も「アイドル」と同じように、聖書に語源のある言葉なのだ。
カリスマ」は本来はギリシア語で、聖書の中では奇蹟を起こして預言を行うという、神から授かった特殊な能力のこと。つまり「神様の恵みの賜物」あるいは「聖霊の賜物」といった、非常に神聖な意味で使われている。これを授けられた人は例えば旧約聖書に登場する古代ユダヤの王ダビデや出エジプトの英雄モーセなどだ。
また、新約聖書でも次のように書かれている。
「恵みの賜物は罪とは比較になりません。一人の罪(アダムが知恵の木の実を食べたこと)によって多くの人が死ぬことになったとすれば、なおさら、神の恵みと一人の人イエスキリストの恵みの賜物とは、多くの人に豊かに注がれるのです」(「ローマの信徒への手紙」五章一五節)
この「恵みの賜物」を「カリスマ」に置き換えてみると、この言葉の神聖なニュアンスもわかりやすいのではないだろうか。
広い意味では、カリスマは特定の人物に宿っているとされる特殊な能力や天才的な資質を指す。この超自然的な才能を持つ、文字通りカリスマ的」な人物は神様からつかわされた宗教的指導者だったり、誰からも尊敬される優れた司祭を指す言葉なのだ。
だからセレブ御用達の超人気カリスマ美容師」「ギャルイチオシのカリスマ店員」といった使い方を見たら、聖書が書かれた時代のキリスト教徒は卒倒するかもしれない。まあ「特殊な能力」という意味では、本来の「カリスマ」の意味を踏まえているといえないでもないが……。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670218

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 彼岸花  芸能デスク  クラウチングスタート  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト