MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全自然 > 宇宙

火星
【東京雑学研究会編】

§赤色の惑星、火星は実はさびている!!

火星という名前から、この星はどこか燃えているイメージがある。ギリシア・ローマ時代には、その赤さから戦争の神、マルス(アーレス)と名付けられたのである。確かに、天体望遠鏡で見ると、火星は赤色をしているのだ。やはり、火星は燃えているのか?
火星の表面に着陸し、その謎を解いたのは、アメリカ惑星探査機バイキング一号、二号である。一九七六年のこと、火星に相次いで着陸した二機は、写真をとったりその土壌を調べるなど、火星の謎の解明に努めた。それによれば、火星は岩と砂に覆われ、一面が砂漠のようだった。そして、その岩と砂は、鉄の酸化物だとわかった。
火星が赤く見えてしまうのは、この鉄の酸化物のせいである。鉄の酸化物とは、実は鉄サビ。赤く燃えているはずの火星は、実はさびた星だったのである
火星はほとんど二酸化炭素でできた大気で覆われているが、これは地球の一〇〇分の一だとか。しかも、一年の四分の一は強風が吹き荒れ、赤い砂嵐が吹き荒れるである
二〇〇四年一月からスピリットオポチュニティ号が火星を探査中。果たして、この環境に生命体は存在しうるのか? 




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670196

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト